2017 フランスカルカッソンヌ「グランレイド・カター170km」ご参加 梅原様  その3 いよいよゴールへ


そう言えば、ずっと確認していない、ということに気づき慌てて戻ります。かなりの距離を戻りました。時間にして、30分はロスしたかな?イヤもっと‥。 

気落ちしつつ、当レースの最高地点を目指します。

最高地点と言っても標高は1189mで驚くほど高いわけではありません。標高差も800mくらいだったかと思います。「いくら登りが苦手でも、まあそれくらいなら‥」と思ったら、これが間違いで、標高を上げるに従い、トレイルは徐々に岩場へと変化し、風は益々強くなっていきます。周囲に風を遮るような木々はなく、完全に吹きっさらしです。高度を増すごとに斜度はきつくなり、やがて四つん這いで進むことになりました。時折、強風が突風に変わり、カラダが持っていかれそうになります。必死に岩にしがみつきながら、ピークを越え、山を下ります。

この山越えはとても緊張しましたし、これまでの疲れも出てきました。

どうにか2度目の“Chateau dArques”に到着します。

 

エイドでデポ品を受け取り、再度味噌汁入りおかゆをいただきます。

私が来るまでの間、妻はエイドの手伝いをしたり、古城の中に設置された仮眠所で寝たり、近くの村までパンを買いに行ったり、とまあそれなりに楽しんだ?模様です。

このような機会がなければ絶対に訪れないような片田舎(失礼)を訪れ、古城に寝泊まりするなど、貴重な体験ができて良かったのでは、と他人事ながら思います。

 

★ エイドについてですが、エイドはどこも非常に暖かく私(や他のランナー)を迎えてくれました。村々のおじいちゃん、おばあちゃんが中心になってエイドを運営している、といった印象でした。

私が到着すると「ワーッ」と盛り上がり、「暖かい食べ物欲しくないか?」「必要なものはないか?」「水を補給しようか?」とか矢継ぎ早に聞いてきます。5秒くらいジッとしていると「大丈夫か?元気か?」と心配してくれます。

とてもありがたいのですが、うっかり疲れた表情を見せられません。

余りに進めてくれるので、何度か即席めんをいただきました。疲れていて、全部は食べられませんでしたが。

中には村長らしき人が来て、「よし日本人と集合写真を撮るぞ」みたいなことを言って、集合写真を撮りました。


Chateau dArques”に到着した時点で、脚は大分疲労を抱え、痛みを持つようになってきました。左アキレス腱と脛、右ヒザ裏と土踏まず、左ハムスト、臀部、両大腿筋、要は脚全体です。特に走り出しは痛みがひどく、歩きが多くなります。

 

このあたりから、他のランナーに次々と抜かれるようになりました。あまりに多いので不思議に思っていると、どうやら100km部門のランナーのようです。100km部門は“Chateau dArques”が折り返し地点となります。ただその中には100マイルのランナーも混ざっていたのかもしれません。

 

“楽しむ勇気”とか“神の領域”とか、某カリスマランナーさんがおっしゃる域には到底たどり着けず、歩く時間帯が多くなりました。過去の100マイルレース史上最大の眠気にも襲われ、やがて2度目のミスコース。1度目と同じような登りの林道でわき道を見逃してしまい、しばらく歩いた後、慌てて戻りました。

いよいよテンションは下がり、ついでに速度も下がっていきます。

「日本人一位とか、言うんじゃなかったかな‥」などと考えながら、残り20Kほど。

 

さすがに、このままの流れでは、いつゴールできるかわかりません。ゴールするのならなるべく早く。ここで気持ちを切り替え、前方に見えるランナーを追います。やはり100kmのランナーでしょうか?登りも下りも速い。必死で彼を追っているうちに、脚の痛みは気にならなくなってきました。「なんだ、やれば出来るじゃん」「むしろ、なぜ今までやらなかった?」などと自問自答しながら進みます。

 

山道を進み、小高い丘を越えて、ブドウ畑の中を進むと、遠くに明かりの中に浮かび上がるお城が見えてきました。170kmの行程の果てにたどり着いたゴールが見えるというのはやはり感慨深いものがあります。

あとは城内を抜けて、反対側にある城門にたどり着けばゴールです。

 

お城に入り、蛍光テープに従い進みます。外壁と内壁の間の通路をとおり、城内へは入らず‥更に先へ進み、最終盤ではありえないくらいの段差の石段を越え、お城なのに激下りを下り、城外の教会へと出る‥。城外へ出る?どういうこと??

ひどくまずい状況です。私にとって城内に入らずゴールすることはあり得ません(YouTubeではそうなっていた)。また間違えたのか?もう一度、お城の入り口まで戻り、蛍光テープに沿って進みます。やはり城外の教会へたどり着きました。もうパニックです。ゴールを目前にしながらゴールできない。深夜で周囲には誰もいない。どうしようかウロウロ。

そうしているうちに、街中の道路に新たな蛍光テープを見つけました。「城外から直接、門に向かうのかな?」半信半疑のまま進むと、途中で妻と遭遇しました。彼女によるとゴール地点が変わったとのこと!?ゴールはお城ではなく、“下町”の受付会場だ、ということです。

 

 

お城から出発し、お城に戻ってきて大団円、という私の持っていたイメージと異なり、ちょっぴりガッカリな部分もありますが、ともかくゴールをしなければなりません。“シテ”と“下町”とつなぐ橋を通ると、確かにそこにはゴールがあります。ようやくゴール。時間は深夜の2時。ゴールで完走メダルをかけてくれるオネーサンと記念写真を撮ってくれるおじさんの2人しかいない(あと妻)、ゴールでしたが、ゴールした充実感は皆一緒です。

 

◆ レース後

翌日は、雲一つない快晴です。私にとっては嫌味としか思えないくらい気持のよい天気です。当日早朝から別の42km部門のレースが行われています。彼らはさぞ気持ちの良いレースができたことでしょう。

 

100マイル、100km42kmのランナーがごっちゃになったゴールを観戦し、表彰式、アフターパーティーの行われる受付会場へと向かいます。

個人的にはあまり気の晴れないレース結果となってしまいました。コースを何度も間違え(大きなものは3回、小さなものも入れれば10回ほど)、少なくとも1時間はタイムロスしてしまいました。挙句の果てゴール地点がわからないという体たらく。何よりもいただけないのは、途中疲労と眠気に負けて、まともに走らなかった区間がある、ということです。結局いつものとおり私は自分に負けてしまいました。

 

42km部門、100km部門と表彰式が行われ、いよいよ100マイル。始まるとすぐに責任者(と思われる)の一人、シェリーさんが、私に近寄り、「ちょっと待ってて」と言ってきました。はるばる遠く日本からやってきた唯一のランナー。“はるばる来たで賞”みたいなものでもくれるのかな?と妻と話していたら、なんと総合9位ということで、壇上に呼ばれました。本当の入賞です。

 

これまで年代別の入賞はいただいたことがありましたが、なにせ40台後半の平凡な1ランナー。これまで総合入賞などありませんでした。マイナー(失礼)とはいえ初めての入賞がフランスでいただけるとは‥。石でできたプレートと商品を渡され、晴れやかな気持ちになります。ロストもしたし、自分にも負けたし、でもまあいいか♪


表彰式の後は、同会場でアフターパーティーが開かれます。中世風の衣装を身にまとった大道芸人のショーは陽気で楽しいものです。皆にふるまわれた料理は“カスレ”という郷土料理です。カモ肉とソーセージとインゲン豆の煮込み料理で、これがとても美味しい!当地に到着してから料理店でもカスレを食べましたが、当会場で食べたカスレは、それを上回る味でした。デザートにでた“クレームカタラーヌ”というやはり当地のプリンもとても美味しくいただきました。お酒はもちろん参加賞の赤ワイン。少し辛めのワインでしたが、もちろんおいしい。100マイルを走った翌日なので胃腸は疲弊していたことと思います。その割にたくさん食べてしまい、その後、随分と苦しい思いをしました。しかし、アフターパーティーはぜひ出席されることをお勧めします。