ピック・デュ・ミディ《天文台》 フランス・ピレネー


ピク・デュ・ミディはピレネー山脈に位置する著名な山の一つで、頂上に天文台があることで有名です。

頂上へはラ・モンジ―からはロープウェイで登ることができ、1000mの高さを15分の短時間で移動することができます。 頂上に近づくにつれ、景色が目まぐるしく変化し、頂上にたどり着くと、山の頂上の澄んだ空気と壮大なパノラマを楽しむことができます。天文台へは以前は天文学者や研究者しかアクセスができませんでしたが、現在は一般人にも解放されており、美しい風景パノラマを楽しむことができます。

2018 7月ツールドフランスでは、ピックデュミディのふもとの「ツールマレー峠」をレースが通過します。
また8月24日スタートのウルトラトレイル、グランレイドピレネーでは、この天文台がコース中最高地点の補給所となります。

この天文台は、19世紀に建設が始まり、20世紀の初めに完成しました。その後、1963年にNASAによって望遠鏡が設置され、アポロ計画の準備のために使用されました。 天文台の隣にある博物館では天文学者の1世紀以上にわたる研究成果を紹介しており、そのアポロ計画に使用された望遠鏡も展示されています。

夏は自転車やウルトラトレイル【グランレイド・ピレネー】、冬はスキーと四季折々の顔を見せるピク・デュ・ミディに是非足を運んでみてはいかがでしょうか。








海外トレイルラン・サイクリングの専門店 フィールズオンアース
フィールズ・オン・アース

  • グランレイド
  • UTMF
  • UTMB
  • ウルトラトレイル
  • 100マイル
  • ピレネー
  • ピックドゥミディ